セキソビットは肝臓に悪影響?セキソビットの副作用

セキソビットとは、不妊治療で使用される成分シクロフェニルが配合した排卵誘発剤です。無月経(生理がこない)や「稀発月経(排卵が少ない)などの排卵障害がある場合に有効です。排卵障害が軽度の場合や不妊治療初期段階のタイミング法で最初の排卵誘発剤として使用されることが人気です。安全性の面においで、セキソビットは効果自体が比較的穏やかで、副作用も現れにくいといわれています。たたし、個人差がありますがただ、全く副作用がないわけありません。

具体的な副作用として、軽微な場合が多いのですが、肝臓に悪影響を与え、肝機能障害や黄疸などが現れることがあります。卵巣腫大症状や物がかすんで見える視覚症状、他にも不正出血、おりもの、発疹などが見られる場合もあります。服用中に違和感があれば医師に相談して服用量や薬の変更を検討してもらいましょう。(薬を変更したり場合によっては量を少し変えるだけで症状が改善することもあります。)

また、セキソビットを服用すると自然な排卵と比べて成熟する卵胞の数が増加します。その結果、2個以上の卵子が排卵されることがあり、双子が生まれる可能性が高くなるので注意が必要です。

★ジェネリック薬の価格と維持時間
レビトラジェネリックの徹底比較