排卵誘発剤|不妊治療薬

排卵誘発剤とは、不妊治療ではよく使われている薬です。排卵をおこすことを目的として使用されて、直接的あるいは間接的に性腺を刺激して排卵を誘発させるものです。現代の生殖医療には欠くことのできない薬剤で、飲み薬(クロミフェン製剤)と注射薬(FSH製剤)の2種類があります。また注射薬には、クリニックに出向いて打ってもらう方法と在宅での自己注射があります。

排卵誘発剤の効果は、卵巣で成熟する卵胞の数を増やして、質の良い卵子を育てます。排卵を促す作用も確かにあるのですが、それ以上に、「卵子を育てる」働きも期待できます。

飲み薬:脳に働きかけて卵胞を育てさせる、効果は穏やか
注射薬:卵巣に直接働きかけて効果は強い

不妊治療は急激に体の一部の機能を高めるためその反動として副作用が現れる可能性も高くなります。内服薬は注射剤に比べると、副作用が少なめだと言われています。

排卵誘発剤によって卵巣が過剰に反応、最も思い副作用です。卵巣腫大、腹水、胸水などを伴い、胸腹水による呼吸困難、卵巣出血あるいは破裂によるショックなど救急治療を必要とすることも多いです。

卵巣腫大のみの時は、約1ヶ月で通常は正常に戻ります。排卵しにくい卵巣に対して排卵誘発剤を使ったときに、卵巣が過敏に反応しおなかが張ったり、卵巣が大きく腫れてしまうことがあります。