妊娠しない理由チェック

妊娠したい方の中で、すぐ妊娠できた妊娠しやすい人があるけど、妊活を頑張っていても、妊娠できない妊娠しにくい人もいます。女性が妊娠するために大切なことがだいたい2つあります。1つは、卵巣から卵子が排出される「排卵」が定期的に行われていることです。もう1つは、受精卵を受け入れる子宮内膜が着床しやすいように厚くなることです。つまり、妊娠しやすい人は定期的に生理がきて、月経血がきちんと出る体調と言えます。妊娠しやすい人と妊娠しにくい人の中で、どんな違いがありますか。今回は妊娠しない人ために妊娠しにくい理由あるいは妊娠しない理由を分析します。自分の状況をチェックして、治してください。
①冷え
体の冷えは、血行が悪いことになる要因です。体が冷えている状態が続ければ、体に様々な不調を招くだけでなく、子宮の機能が低下し、妊娠する確率も下がってしまいます。

②ストレス
多くの人はストレスが生活でよく感じるものと思うので、そのまま放っておくなら、心だけでなく体にも影響を与えます。ストレスによってホルモンバランスが乱れると、生理周期が不規則になります。適度な運動や睡眠、リラックスタイムを増やすなどでストレス解消できます。

③ 病気
不妊をいたす原因は生活習慣以外、病気になる可能性も高いです。以下、不妊症になる病気を表示しています。

排卵障害
多嚢胞性卵巣症候群
高プロラクチン血症
黄体化非破裂卵胞症候群
卵巣機能不全
着床障害
ピックアップ障害
早期閉経
無排卵月経
子宮筋腫
子宮内膜症
子宮奇形
骨盤腹膜炎
性感染症

④加齢
加齢も、妊娠しにくい理由の一つと言われています。加齢につれて体の機能が衰えていくのは、特にその影響を受けやすいのが精子と卵子です。精子と卵子の質は加齢とともにどんどん低下していきます。そして、高齢での妊娠・出産は負担は大きく、母子ともにリスクが高くなります。だからこそ早く妊活を始めることが、妊娠確率を高めると言えます。

⑤男性側の不妊
不妊の原因は、女性側の原因だけでなく、半分は男性側の原因もあります。近年、男性不妊も大きな問題となっています。男性不妊の原因は、主に精子質の低下・無精子症・乏精子症・精子無力症・精子死滅症・精子過剰症などがあります。またはEDの原因で。

妊娠しない場合で、夫婦一緒に検査を受けるのは大切です。