不妊治療薬の基礎知識

不妊とは、自然な状態で妊娠に至れないか、妊娠を一定期間以上維持することができない状態を指します。日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。不妊治療方法は何でしょうか?不妊治療薬がありますか?ほんブログでは、不妊治療方法と不妊治療薬などの情報についてご紹介します。

不妊治療方法には、まず人工授精です。人工授精とは精液を直接子宮内に注入する方法で、ほかに明らかな不妊原因がない場合や、精子の状態が不良な男性不妊や頸管粘液分泌不全がある場合、またはフーナーテスト不良例、そして性交障害の治療として行われます。

生殖補助医療法は膣の方から細い針を穿刺して卵巣から卵子を取り出し、体外で精子と受精させ、数日後に子宮内に受精卵(胚)を戻す不妊治療方法です。

タイミング法は、排卵日の2日前から排卵日までに性交渉があると妊娠しやすいと言われているため、排卵日を診断して性交のタイミングを合わせる不妊治療です。

排卵誘発法は内服薬や注射で排卵を促す方法です。排卵障害の場合に使用する方法ですが、排卵があっても、人工授精の妊娠率を上げる目的で使用する場合もあります。

不妊治療薬主には3つです。排卵誘発剤(質の良い卵子を排卵させる)、GnRH剤(排卵を抑制する)、卵胞ホルモン剤(子宮内膜を整える)などです。

一番目の不妊治療薬排卵誘発剤は、その名の通り、排卵を促すための薬です。不妊症の原因はさまざまですが、排卵がない「無排卵月経」、生理がない「無月経」、月経周期が異常に長い「希発月経」など排卵障害のある場合に使われます。排卵誘発剤の種類がたくさんありますが、今回は主な二種類を説明します。

クロミッドやセキソビットなどの飲み薬(排卵誘発剤)を使いながら、性交渉のタイミングを医師から指導を受けます。自然周期よりも、確実に卵胞を大きく発育させたい場合に用います。また飲み薬を使うことで一度に1個以上、確実に排卵しますので妊娠しやすくなります。2つ以上卵胞が発育した場合は多胎になる場合もあるので、注意も必要です。

セキソビット(シクロフェニル)は排卵誘発剤の中には副作用が強いものもありますが、セキソビットは効果自体が比較的穏やかで、副作用が少ない内服薬です。卵巣の中で卵子を包んでいる卵胞の発育を助ける作用があり、排卵はできているが妊娠しにくい人に対して最初の段階で処方される薬です。一般的に月経5日目から5日間内服して、経過を観察します。

GnRH剤
二番目の不妊治療薬LHサージ抑制剤と言われ、排卵を抑制します。排卵誘発剤と合わせて使われることが多く、体外受精や顕微授精の時に、排卵誘発剤で成熟した卵胞が採卵前に排卵してしまわないように使われます。

卵胞ホルモン剤
三番目の不妊治療薬卵胞ホルモンが不足しているときに使用され、子宮内膜のコンディションを整えて着床しやすくするために使います。

 

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ販売